[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/TIPS

編集

KeyHelperAppletのTIPSです。

KeyHelperAppletの機能を応用して、こんな事が出来るぞという面白い使い方があればご紹介下さい。

NetFront

編集

ネットフロントでの各種ショートカット定義

KeyHelper Version 1.1.4 以降を使用し、アプリケーション固有のランチャーとして設定する事をおすすめします。

[Launch_netfront3]

キーでタブを切り替える

編集

KeyHelperのランチャー機能と任意イベント受付機能を組み合わせてタブを切り替えます。

keyhelper.confのキーランチャー定義のセクションに下記のような設定を記述します。
([TAB]は"[TAB]"という文字列ではなく、タブ文字です)

N = @qcop[TAB]QPE/KeyHelper event(QString,int) F11 2 Right 2 Down 2 Down 2 Down 2 Down 2 Down 2 Down 2 Right 2 Down 2 Enter 2

上記の設定だと ランチャーキー+N を押すとメニューがバババッと開いて次のタブに切り替わります。(ちょっと見た目的に面白いです)
これを応用すればメニューにある機能ならどんな機能にでもアクセスできると思います。

上記の設定は、下記のページダウン/アップ機能と併用すると途中でランチャー機能が動いてしまいます。
また、InputHelperでマウスカーソルを表示している状態だとシステムが落ちてしまいます。
そのため、InputHelperAppletのキーイベント発生機能をするようにして共存を可能にします。

N = @qcop[TAB]QPE/InputHelper key(QString) "click F11" "click Right" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Right" "click Down" "click Enter"

Version 1.1.4 でアプリケーション毎にキーランチャーを定義できる様になったので

[Launch_netfront3]
N = @qcop[TAB]QPE/InputHelper key(QString) "click F11" "click Right" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Down" "click Right" "click Down" "click Enter"

の様に専用セクションに記述するとより良いです。

キーでタブを切り替える(改良版)

編集
N = @qcop[TAB]QPE/InputHelper key(QString) "click F11" "click Left" "click Tab" "click Right" "click Tab"
B = @qcop[TAB]QPE/InputHelper key(QString) "click F11" "click Left" "click Tab" "click Left" "click Tab"

次のタブ、前のタブに切り替えます。上の方法よりこちらの方が良さそうです。

キーでページダウン/アップを行う

編集

InputHelperAppletと組み合わせてページダウン/アップをキーで操作します。

keyhelper.confのキーランチャー定義のセクションに下記のような設定を記述します。
([TAB]は"[TAB]"という文字列ではなく、タブ文字です)

Up = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 186"
Down = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 380"

スクロールバーをクリックするイベントを仮想的に発生させてページダウン/アップ操作を行います。
上記設定はSL-C750/インプットスタイル/タブが表示されている状態の場合のクリック位置です。
(タブが表示されていないとUpの位置が変わるので途中までしかページアップできません)

Version 1.1.4 でアプリケーション毎にキーランチャーを定義出来る様になったので

[Launch_netfront3]
Up = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 186"
Down = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 380"

の様に専用セクションに記述するとより良いです。

Left = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 186 middle"
Right = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 380 middle"

さらに中クリックを使った上記のような設定もするとHOME/ENDっぽい動作も可能です。

リロード/読み込み停止

編集

Fn+Rでもリロードは出来ますが、読み込み停止が出来ないのでリロードボタンの位置をクリックするイベントを発生させます。

L = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 480 54"

移動ボタン

編集

移動ボタンをクリックするイベントを発生させます。

M = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 620 94"

標準のターミナル

編集
[Launch_embeddedkonsole]

ペースト

編集
V = @qcop[TAB]QPE/InputHelper mouse(QString) "click 340 54"

コメント

編集
[[#rcomment]]

17261