[ 新規 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/khctl

差分表示


編集前の状態に戻します。
KeyHelperAppletコントロールシェル

KeyHelperAppletの制御を行うシェルです。

*実行方法

コントロールシェルkhctlの実行方法と、実際に送信されるqcopメッセージを対応させて書いています。

**reload

 $ khctl reload

キー定義設定ファイル(XML)を再読込します。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'reload()'

**load

 $ khctl load keyhelper2.xml

任意のキー定義設定ファイル(XML)を読み込みます。
ファイル名のみを指定した場合には$HOME/Settings/以下の指定されたファイル、フルパスを指定した場合には指定したファイルを読み込みます。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'reload(QString)' keyhelper2.xml

**default

 $ khctl default

デフォルトの拡張設定ファイル(keyhelper.conf)を読み込みます。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'config()'

**config

 $ khctl config keyhelper2

指定された拡張設定ファイルを読み込みます。
拡張設定ファイル名の指定は、拡張子(.conf)無しで指定します。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'config(QString)' keyhelper2

**enable

 $ khctl enable

KeyHelperを有効化します。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'enable()'

**disable

 $ khctl disable

KeyHelperを無効化します。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'disable()'

**pause

 $ khctl pause

KeyHelperを停止(無効化)します。
disableとの違いは次のrestart実行のために
実行時の状態(enable/disable)を保持しておくという点です。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'pause()'

**restart

 $ khctl restart

KeyHelperを再開します。
enableとの違いは前回pauseした時にenableだった場合のみ
enableを実行するという点です。
**version

 $ khctl version

KeyHelperのバージョンをタスクバーに表示します。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'version()'

**repeat

 $ khctl repeat

キーリピーターを有効化します。
キー定義設定ファイルで設定した、キーリピートの設定になります。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'repeater(int)' 1

**norepeat

 $ khctl norepeat

キーリピーターを無効化します。
(システムデフォルトのキーリピートになります)

 $ qcop QPE/KeyHelper 'repeater(int)' 0

**killrepeat

 $ khctl killrepeat

キーリピートを完全無効化します。
エミュレータ等を動かす時にはかなり有効らしいです。

 $ qcop QPE/KeyHelper 'repeater(int)' 2


08764