[ 新規 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/任意イベント受付機能

差分表示


編集前の状態に戻します。
簡易的な任意キーイベント発生

@Version 1.0.6〜

とりあえず簡単な使用例だけ書いておきます。
追記どんどんお願いします。
すべてのキーが扱えない可能性もあります。(すべてのキーの検証はできないので…)

*概要

下記のqcopメッセージを受け付けることができます。

 QPE/KeyHelper event(QString,int)

順番に発生させるキー、Release/Press/Bothの値となっています。

1つめのQStringの引数は下記のような値です。

,送りたいキー,a b c ... / A B C ... / Return 等
,SHIFT/CTRL/ALTとの組み合わせ, CTRL+C CTRL+V 等

2つめのintの引数は下記のような値です。

,0,KeyRelease
,1,KeyPress
,2,KeyPress+KeyRelease


*qcopメッセージ送信機能を使用

 A = @qcop[TAB]QPE/KeyHelper event(QString,int) a 2 b 2 c 2 d 2 Return 2
 B = @qcop[TAB]QPE/KeyHelper event(QString,int) Shift 1 Left 2 Left 2 Shift 0 CTRL+C 2 End 2 CTRL+V 2

*qcop2を使用

 qcop2 QPE/KeyHelper 'event(QString,int)' a 2 b 2 c 2 d 2 Return 2
 qcop2 QPE/KeyHelper 'event(QString,int)' Shift 1 Left 2 Left 2 Shift 0 CTRL+C 2 End 2 CTRL+V 2

* 使用例

** メール受信開始

メール受信開始のキーイベント(メールボタン長押し)を発生させる。

 qcop QPE/KeyHelper 'event(QString,int)' F14 2
*コメント

[[#rcomment]]
----eeMtAcCyCtutPoXq
 [[#rcomment]]


03451