[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/FAQ

編集

KeyHelperAppletのFAQです。

カレンダーキー、メールキーを修飾キーとして定義できない。

編集

カレンダーキー、メールキーは長押しの機能を持っている関係で
キーを押したというイベントが、実際にはキーを離した時に
Press->Releaseの順に連続で発生します。

その為、押しながらという状態が必要な修飾キーとしては定義する事が出来ません。

SlShareManager: can't get proc entry というメッセージが表示される。

編集

khctlまたはqcopコマンドでKeyHelperAppletの制御を行おうとした時に

SlShareManager: can't get proc entry

というメッセージが表示される事があります。

これはKeyHelperApplet側の問題ではなく、qcopコマンドの実行時(khctlも内部でqcopコマンドを使用)に
空きメモリが不足している時などに出るエラーのようです。

このエラーが出る場合には

等の対処を行うとエラーが出なくなる場合があるようです。

リロードを行うとタスクバーにLoad Errorが表示される。

編集

設定ファイルのリロードを行った際にタスクバーに

KeyHelper: Load Error

と表示される事があります。

これは

等の原因が考えられますが、最後の「XML設定ファイルの内容が不正」な場合が多いようです。

開きタグと閉じタグの対応等XMLの内容を十分に確認してみて下さい。
XMLエディタ、バリデータ等(フリーのものも有ると思います)を使用すると不正な箇所の特定が容易になると思います。

このエラーが発生する場合にはサンプルの設定ファイルをそのまま設置してみて
まずエラーが出ない事を確認してから設定をカスタマイズしていく事をおすすめします。

また、設定ファイルをDMして頂いて私の方でチェックするという事も可能ですので
どうしても解決できない場合には遠慮無くDMして下さい。

タスクスイッチを単一キーで定義できない。

編集

タスクスイッチャー(switch)は<modifier>に設定したキーが離された時に、
内部的に持っているアプリケーションのリストをリセットする仕組みになっています。
その為、下記のような<modifier>指定無しの設定ではタスクスイッチは正常に動作しないという仕様になります。

<define key="ANY" kind="switch" />

11689