[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/デバッグ情報取得

編集

デバッグ情報の取得方法。

編集

KeyHelperにはデバッグ情報を取得するための仕組みが仕込んであるので、その取得方法を解説します。

注意点

編集

syslog.confの設定

編集

syslogファシリティはlocal5を使用しています。

/etc/syslog.conf

に設定を記述し、適当なファイルにログが書き込まれるように設定します。

local5.debug     /tmp/keyhelper.log

syslogdの起動

編集

ルートユーザーでsyslogdを起動します。

$ su
# /etc/rc.d/init.d/syslog start

デバッグ出力の開始

編集

デバッグレベルを1または2(2の方が多くの情報を出力する)に変更します


$ khctl debug2

設定情報の出力

編集

statisticsを出力します。

$ khctl statistics

または

$ khctl stat

キーマップの出力

編集

キーマップ情報を出力します。

$ khctl dumpkeymap

または

$ khctl debug0

syslogdの停止

編集

ルートユーザーでsyslogdを停止します。

$ su
# /etc/rc.d/init.d/syslog stop

01503