[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/キーフック機能

編集

他アプリケーションでのキーフック機能

Version 1.1.3 〜

概要

編集

他アプリケーション(主にインプットメソッド)から
KeyHelper Appletでマッピングしたキーをフックして使用する為の機能です。

使用方法

編集

qcopメッセージhook(QString)で受信チャンネルを登録すると、QWSServer::sendKeyEvent()で直接キーイベントを発生させる代わりに、
登録されてたチャンネルにkeyEvent(int,int,int,int,int)というqcopメッセージの送信を開始します。
qcopメッセージunhook()でフックを解除します。

受信qcopメッセージ

編集

下記のqcopメッセージを実装しています。
(受信チャンネルはQPE/KeyHelper)

hook(QString)
unhook()

hook(QString)

編集

指定されたチャンネルでキーフックを開始します。
QWSServer::sendKeyEvent()でキーイベントを送出する代わりに、このチャンネルにqcopメッセージを送信します。

unhook()

編集

キーフックを解除します。
使用後は必ず解除を行って下さい。

送信qcopメッセージ

編集

hook(QString)で指定されたチャンネルに下記のqcopメッセージを送信します。

keyEvent(int,int,int,int,int)

引数は QWSServer::sendKeyEvent() の引数と同じですが、boolの部分の引数も全てintにしています。

コメント

編集
[[#comment]]

02724