[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

KeyHelperApplet/[Launch]セクション

編集

[Launch]セクションの設定

編集

拡張設定ファイル[Launch]セクションの設定です。
キーランチャーの動作設定を記述します。

セクション名

編集

セクション名キー定義設定ファイルの拡張動作設定で指定した
拡張動作名の先頭を大文字にした名前になります。
キーランチャーを複数定義できるのはVer0.9.1以降です。

例)
キー定義設定ファイル

<extensions>
  <!-- キーランチャー1 -->
  <define key="All" kind="launch">
    <modifier User1="On"/>
  </define>
</extensions>
<extensions>
  <!-- キーランチャー2 -->
  <define key="All" kind="launch2">
    <modifier User2="On"/>
  </define>
</extensions>

拡張設定ファイル

#= キーランチャー1
[Launch]
{Key} = {実行内容}[TAB]{パラメータ}
{Key} = {実行内容}[TAB]{パラメータ}
#= キーランチャー2
[Launch2]
{Key} = {実行内容}[TAB]{パラメータ}
{Key} = {実行内容}[TAB]{パラメータ}

設定方法

編集

設定方法ランチャー設定を参照して下さい。
キーランチャーの設定ではではランチャー設定の最後のアイコンファイルの指定は無効です。

アプリケーション毎定義

編集
Ver 1.1.4〜

キーランチャー定義を拡張して、カレントアプリケーション毎に別の定義を使用できる様にしました。

セクション名

{ランチャー名}_{アプリケーション名}

となります。

[Launch_netfront3]
[Launch_textedit]

の様なセクション名に、ランチャー定義があればそちらを優先して使用します。


05922