[ 新規 | 編集 | 差分 ] [ 検索 | 一覧 | FrontPage ] [ 履歴 (RSS) | 差分履歴 (RSS) ] [ ログイン ]
【PR】Amazon | SL-C3000 | SL-C1000(3/18発売!) | SL-C860 | SL-6000W | SL-6000L | SL-6000N

ファイラー開発メモ

編集

まだ作りかけで全然先が見えないけどとりあえず調べた事を…

QUrlOperatorなんて便利なクラスがあるぞ!と思ったらQt/Eでは使えないみたい…
このクラス経由で、QLocalFsQFtpにアクセスするようにすれば
ローカルでもFTPでも透過的に扱えると思ったんだけど。

でもやっぱりこの辺りのクラスを使えないと不便そうなのでこんなことを考えてみたり…。


QFileDialogはそんな感じの実装になってるみたい?
でもこのクラスのコード量を見てうんざり…
このクラス相当の実装をするのは大変そう。


FTPのアクティブモード/パッシブモードはQFtpで実装されてるから多分問題なし。
と思ったら全部パッシブモードで処理してた…。
まあパッシブモード固定でも問題は無いかな?


chmodは実装されてないから継承して実装かなあ?
拡張が必要なクラスは下記のクラスあたり?


ExplorerがQUrlOperatorを使った実装をしてた。やっぱり同じ事を考える人はいるのね…。
このまま実装してもこれとほとんど同じになっちゃうからつまらないなあ(笑)
何か特化した部分が欲しい気がする…何か良い案無いですか?


QLocalFsに妙な実装が…
なんでパーミッション情報を0固定で返してるんだよ(怒)
QFtpはちゃんとしたパーミッション返してるのに。
内部的にはQFileInfo使ってるから十分情報取れるのに
fi->isWritable(), fi->isReadable(), fi->isExecutable()しか返してない。
ライブラリ作るついでにパーミッションちゃんと返すように
実装もちょっと変えてしまおうか…。


ファイル移動とかコピーとかの時に、ファイルの更新時刻とかパーミッションとかはどうなるべき?
移動はそのままってのが良いだろうけど、コピーは微妙?
#cpコマンド使った場合はオプションだし…
しかもQUrlOperator経由だとファイル作成になっちゃうから時刻が更新されて
パーミッションとかもデフォルトになりそう。
前途多難です…(^^;

実装したい機能

編集

なんか色々やりたい事が沢山…
全部実装しようとしたら大変だなあ…


ご意見があればどうぞ。

[[#rcomment]]

02063